よせばよいのに、京に向かって


by princetown

五十三次旅日記 39 鳴海宿

江戸から40番目 349km

知立宿と鳴海宿との間には有松の町並みが素晴らしい。
江戸末期から明治初期の建物が残っており、町並み保存地区に指定されている。有松は絞り業でも有名だ。

桶狭間の戦いも有名だ。永禄3年(1560)織田信長が、今川義元の陣地を急襲して討ち取った場所と言う。数千人が戦いあった場所にしては、やけに狭い感じだ。とかく話は誇張されるものだ。せいぜい100~200騎が討ちあいしたのではないか。

鎌倉時代は鎌倉街道が通り、戦国時代には、織田・今川両勢力の接触地点が設けられた。江戸時代には、木綿の鳴海絞が東海道の旅人に名産品として売られた。

本陣 1、旅籠 68軒、人口 3643人。
[PR]
by princetown | 2005-12-25 15:50 | 日記、一般